【ばてやすい方へ】体力をつける食べ物まとめ

夏になるとばてやすかったり、仕事で夕方以降になるときつく感じる方はエネルギーが不足している証拠です。食事でスタミナの付くものを食べていれば自然と体力をつけることは可能なので、ここで紹介している食材をぜひ食べてみてください。

体力をつける食べ物

玉ねぎ
玉ねぎにはアリシンが含まれていますが、これはエネルギーの生成を行うビタミンB1の吸収を促進してくれます。
また、アリシンは血行の流れを良くする働きもあるため、体の隅々にある老廃物を取り除くことに期待できます。

豚肉
体力をつけるにはお肉を食べるのもおすすめですが、中でも豚肉にはスタミナを高めるビタミンB1が豊富です。夏場には冷しゃぶとして食べることで後味もいいのでおすすめです。

梅干し
梅干しは体力を高める効果はないのですが、疲労回復効果が高いクエン酸が多いので毎日一粒食べることで健康的な状態で過ごすことができます。
※塩分が多いので気になる方は減塩タイプを購入しましょう。

ねばねばした食べ物
納豆やオクラ、山芋のような粘り気のある食べ物はムチンという成分が含まれており、これは胃の粘膜を強くしてくれたり、肝臓の働きを高めてくれたりする働きがあります。

にんにく

にんにくは古くから滋養のつく食べ物として親しまれてきました。血液のながれを良くする成分や体力を高めるアミノ酸が豊富なので夏場にもってこいです。にんにくのサプリでも料理して食べるのと同じぐらいの栄養分が摂取できるので最近はサプリで摂っている方が増えています。口コミで話題のサプリは下記のサイトで解説されているので参考にしてみてください。

にんにくサプリ研究所